永久脱毛とそれ以外の方法の違い

永久脱毛とそれ以外の方法の違い

美容クリニックなどで行われる脱毛は、そのほとんどが永久的に効果のあるものですが、少なからず皮膚にダメージを与える場合も少なくありません。

また、オールシーズンではなく、夏場の肌の露出が増える時期だけムダ毛が気になると言った場合にはそれ以外の方法で行う方が経済的な場合や、肌への負担も少なく済むこともあります。

Infoseek ニュース情報サイトを使用する機会が増えています。

まず、永久脱毛ですが大きく分類すると針状の先端を毛穴に差し込み電流で毛根を破壊するニードルタイプ、メラニンに反応する特殊な光を照射し毛根部分を破壊するレーザータイプ、レーザータイプよりも照射力を弱めて肌への負担を軽減したフラッシュタイプなどがあります。



肌への負担、痛みはニードルタイプが一番強いですが、確実に効果が得られる点やレーザーを照射しにくいIラインやOラインなどでも行える利点があります。

レイビスの口コミ情報を集めました。

また、医師のいないエステサロンではニードルタイプやレーザータイプは使用できないためフラッシュタイプが一般的になります。

それ以外に最近は特殊なワックス肌に部分に塗布し、ワックスごと毛根を引き抜くワックス脱毛が人気があります。
この脱毛方法は一部のエステサロンや専門店で行っていますが、一度に広い範囲を行える点や、肌への負担が軽減出来る点、効果が高く、短時間で行えるなどの利点が挙げられます。

また、最近では市販のワックスが販売されているため自分で行うことも可能です。

ただし、ワックスを使用した方法では、永久的な効果はなく、あくまで一時的なものである点に注意しましょう。

Copyright (C) 2016 永久脱毛とそれ以外の方法の違い All Rights Reserved.